泡盛豆知識

What's 泡盛

泡盛は、厳選された純米を原料とする、アルコールやその他一切を添加しない100%の天然蒸留酒です。
泡盛の大きな特徴は、独特の黒麹菌を使用し、そして、蒸留後に長期貯蔵することにより生まれる濃厚で芳醇風味、深くコクのあるまろやかさにあります。
泡盛は銘酒として、国内はもとより、海外でも高い評価を受け認められています。

泡盛の誕生と歴史
泡盛は今から500年前の14世紀ごろ、海洋国家として盛んに中国、南蛮と交易していた時代にシャム国(現在のタイ国)より伝来したといわれております。
東恩納寛惇の「泡盛雑考」の中では、シャム産「ラオ・ロン」という酒が、泡盛の起源ではないかといわれています。
銘酒「泡盛」は、王家御用達の酒として厳しく管理され、また薩摩、徳川幕府、中国等への献上品として用いられていました。

誕生と歴史


泡盛の製造方法
泡盛造りはまず、タイ米を水に漬け(浸漬)米粒の中まで十分に水を吸わせ洗米するところから始まります。次に米を蒸し一晩おいて、いよいよ泡盛造りで一番重要な麹づくりに入ります。蒸し上がった米に黒麹菌の胞子を散布し種付けを行い、麹棚に移し34〜36度に保ちながら麹菌を育成させます。

40〜50時間もすると米全体が黒っぽくなって麹が出来上がります。その麹と水、そして泡盛酵母をタンクなどの中に一定の配合割合で混ぜて仕込みを行い、発酵させます。

この混ぜ合わせたものをモロミといい、約2週間、糖化とアルコール発酵をさせ熟成もろみとなります。これを蒸留器に入れ加熱し、蒸留すれば泡盛の原酒の出来上がりです。

その後はタンクや甕に入れて貯蔵し、長期保存によって品質を向上させ、甕や壷に詰められて世界中に出荷されていきます。

泡盛の製造方法


泡盛の製造工程

|What's 泡盛|泡盛を愉しむ泡盛チャート泡盛Q&A

サブメニュー(泡盛豆知識)